今回は、珍しく雨の心配もほとんどなく、とても心地よい5月の空気を感じながらの音楽会でした。

新緑のモミジもきれいです。羽の生えた種は少しピンク色。春の風に吹かれてどこかに飛んでいくのでしょうか?

今回のオープニングアクトは、箕面出身の北川たつやさん。

北川さんは、5年前の音楽会でも、LuckDuckのメンバーとしても出演してもらいました。

かっこいいですね。

いつものように、なおちゃんの明るい声で、音楽会の始まり。

今回も、実行委員メンバーによる、オープニングです。

北川たつやさんにも参加してもらい、「箕面の森の音楽隊、feat. 北川たつや」です。

 

お客さんも増えてきましたよ。

最初のグループは、前回オープニングアクトでも演奏してもらった、箕面市少年少女リコーダー合奏団。

2番目は、アカリトバリ+のまさち

 

ギターと三味線とのこぎり(?)、アコーデオン。

いろいろな要素を詰め込んだステージ。

リコーダーデュオの、

Duo Affettuoso。

 

リコーダーの音色を仲間の声と間違えて、小鳥たちが集まってきそうな、森の音楽会らしい演奏。

今回は、ご長男も参加して親子共演。

最後は、池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団。

都合があって、4人だけの参加でしたが、もちろん本当は5人組。

かっこよくビアソラを聞かせてくれました。

山麓保全委員会よりごあいさつ。

箕面市観光協会よりごあいさつ。

 ゆずる君も応援に駆けつけてくれました。

今回は、たくさんのお店にも参加してもらいました。

本当にいいお天気。屋外で聴く音楽はとても心地いいです。

ゆずる君、今度は客席に来てくれました。

今度はミュージシャンとしてステージに上がってね。

おや、ここにもゆずる君?

実行委員のTシャツです。

これぞ、森の中の音楽。

木々に溶け込んでますね。

箕面市少年少女リコーダー合奏団 ~リコーダー合奏~

 

私たち箕面市少年少女リコーダー合奏団は、平成3年に発足し、箕面市内の音楽好きの小中学生が集まって楽しくリコーダーを演奏しています。学校では使わないような大きなリコーダーも使って、クラシック、ポップス、ロックなど、いろいろなジャンルの曲に挑戦し、箕面市内のたくさんのイベントに出演させていただいています。現在、団員を大募集しています。音楽好きならだれでもOK。楽譜がよめなくても、音楽の授業でリコーダーが苦手な人も、私たちと一緒に楽しく演奏しましょう。ぜひ一度見学にいらしてください。お待ちしています。

 

http://www.facebook.com/minoh.recorder.orchestra

 

アカリトバリ+のまさち ~民謡とオリジナル~

 

アカリトバリ /  福島県出身のアカリ(うた・三味線)と箕面市出身のトバリ(ギター)の民謡ユニット。東北をはじめ各地の民謡と、アカリの故郷に思いを馳せたオリジナルを演奏。

今回は野間耕平(アコーディオン・他)と加納さちあ(てづくり発電楽器)の2人、のまさちをプラスした特別編成で出演します。国境もジャンルも超えた!?寄せ鍋音楽をお届けします。

 

twitter / @tobaringo72

 

 

Duo Affettuoso  ~リコーダー二重奏~

 

長谷川智彦&圭子による、夫婦リコーダーデュオ。 

リコーダー奏者・奥田直美さんに師事。

Affettuosoとはイタリア語の音楽用語で「優しく、愛情をこめて」という意味。

大小様々なリコーダーを使い、バロック音楽を中心にあらゆるジャンルの演奏をしています。

各地での演奏活動の他、リコーダーJP出版の楽譜に付属のCDに収録されている演奏例を担当。 

また同社より自身の編曲によるリコーダー二重奏用楽譜集「Duo Affettuoso編曲集」も発売中。

2016年、第36回・西日本リコーダーコンクールにおいて最優秀賞受賞。

 

https://www.facebook.com/duo.affettuoso/

 

 

 

 池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団

      ~愛と官能のモダン・タンゴ~

 

 

アストル・ピアソラの生み出した『Nuevo Tango』を、今を生きるわたしたちの『モダン・タンゴ』として、新たなスタイルで演奏します。

 

各種国際コンクールの室内楽部門に於いて入賞を果たし、様々な場で年間100ステージ以上に出演しています。

 

『モダン・タンゴ』の持つエネルギーや情熱をぜひお楽しみください!

 

http://cremona-luke.com/

 

Facebook:@cremona.quinteto

 

箕面の森の音楽会のFaceBookページ