とても台風の多い2015年、夏の森の音楽会(第17回箕面の森の音楽会)は、雨を心配しながらの開催でした。音楽会は夕方から始まりましたが、夕闇がせまるにつれ、細い霧雨が…。

後半の出演者のみなさんには、少し残念でしたが、本当にありがとうございました。霧雨の中、最後まで会場でお聞きいただいた多くのお客様にも、ありがとうございました。

残念ながら音楽会に来られなかった方々、音楽会の様子を動画と写真で紹介しますのでご覧下さい。

夏の終わりとは言え、曇り空の下、涼しい日です。

少々天気が悪くても、ひまわりのように明るいなおちゃんの司会で、今日も音楽会の始まり。

トップバッターはイマニシユカさん。

様々な雰囲気の曲を演奏してくれました。

どれが本当のイマニシユカさんなのか?

 

2番目は、ウクレレプレーヤーのHookさん。

ものすごいテクニックを見せてもらいました。両手の動きは目で追いかけられません。

3番目に登場は、雛罌粟(コクリコ)+morizoさん。

透き通るヴォーカルが夕闇の迫った森に染み込んでいきます。

この日最後は、太鼓サークル蛍。

あいにくの霧雨の中、迫力のある太鼓と舞を披露してくれました。

みのお山麓保全委員会の成瀬さん。

箕面マウンテンバイク友の会の中川さん。


箕面にはいろいろな活動があります。

今回は、竹あかりを灯し、揺れる炎で、音楽会を飾りました。

竹あかりの中で、語りの山本さん。


実行委員長のmakiさんと、リコーダーマジックオーケストラで、「箕面の森の守り人」

今回も、多くの方々にご来場いただきました。

どうもありがとうございました。

イマニシユカ ~オリジナルポップス

(ピアノ・ギター:板野哲士、ウッドベース:紀平暁人)

 

箕面在住の女性シンガーソングライター。

20歳で若干渡米。ブロードウェイで活躍するミュージカル女優Leila Frorentinoに若干師事。

帰国後結成したバンドで全国ツアーを展開。

現在は、民族楽器等を取り入れた独自のステージで「楽曲を通して、非日常の世界をみなさんと共有したい」という想いを持って活動中。

昨年秋よりソロアルバム【ナハトムジーク】絶賛発売中。「よく眠れる」と評判。

ある絵画を見て生まれた、空想の夜しか来ない「夜の町シリーズ」は、大人から子供まで幅広く人気。

ホームページ: http://yukalotusnight.wix.com/imanishiyuka

Hook ~オールジャンル(ウクレレ)

 

19才でロスアンゼルスにギター留学。

留学中は、クラブ等でも演奏の場を広げる。

21才帰国。

第6回ジ・ウクレレコンテスト全国大会 審査員特別賞受賞。

現在までに4枚のウクレレCDリリース。

3rd Alubum『Imagine』4th Album 『IN THE MOMENT』がハワイのグラミー賞とも称される、2013ナ・ホク・ハノハノ・アワード の最優秀インターナショナル・アルバム部門にノミネート。

ライブ、ワークショップを全国各地で行っている。

FM COCOLO、RCC RADIO他多数ラジオ出演。

ホームページ: Hookの『ワシのブログ見んさいや。』 http://naofuk.dreamlog.jp

雛罌粟(コクリコ)+morizo ~オリエンタルポップス


雛罌粟(コクリコ)

おーらいレコードよりそれぞれCDをリリースしている米須昌代(歌・ギター)と中村仁美(コントラバス)が2013年・秋に結成。

日本語の美しさに惹かれた二人は現代詩や短歌にメロディーをのせ歌い奏で、また、オリジナル楽曲も様々なスタイルで演奏。

ユニット名【雛罌粟】は与謝野晶子の短歌より拝借。

2013年12月、おーらいレコードより『コクリコ/雛罌粟』ORCD-9012 をリリース。


Morizo=森内清敬(ダルブッカ・ハンドパーカッション奏者)

2009年トルコに渡り、イスタンブル工科大学付属音楽院にてトルコ古典・民族音楽と舞踏を学ぶ。並行してダルブカ現代奏法のパイオニアMisirli Ahmet(ムスルル・アフメット)のスクールにてダルブカを学ぶ。独自のテクニックを模索しつつ関西にて活動中。

太鼓サークル蛍 ~和太鼓


太鼓サークル「蛍」は1999年より活動を始め、今年で16年目を迎えます。

当初は、蛍池人権まちづくりセンターの活動の中から、太鼓の取り組みが始まり、

その後、自主活動へと発展し、今に至っています。

その設立経過から、私達は、人権と仲間づくりをテーマに、活動を進めています。


普段は、小学生から大人、障害を持つ仲間など、幅広い世代のメンバーが集まって、練習しています。

様々な人との出会いや交流の中で得られたものを、太鼓の音色を通してみなさんに伝えられるよう、精一杯の演奏を心がけています。

箕面の森の音楽会のFaceBookページ