「第14回箕面の森の音楽会」は、お天気にも恵まれ、5月17日(土)、気持ちの良い青空の下、澄んだ空気と鮮やかな緑にかこまれて開催することができました。

ご来場いただきました方々、ありがとうございました。音楽会に来られなかった方々、音楽会の様子を動画と写真で紹介しますのでご覧下さい。

空は青く、緑の山々。

遠くの木々の葉っぱの1枚1枚が見えるような気がするほど澄んだ空気の下、音楽会の始まり。

今回もいつものように、なおちゃんの司会で音楽会始まり。

今回、なおちゃんは演奏者でも活躍。

家族リコーダーアンサンブル、ツハ・コ・ケストラ。

演奏だけでなくて、楽しいパフォーマンス。

司会のなおちゃんも演奏者として参加。

けがをしたメンバーも片腕だけで熱演。

 

ケルト音楽の

hatao & nami。

 

リズムや旋律がとても特徴的なケルト音楽を披露していただきました。

姉妹ボーカルデュオ Sky。

さわやかな初夏にふさわしい歌声が会場を包みました。

箕面山麓保全委員会の高島さん。

 

おや、今日は手振りを交えて歌を?

いやいや、山のお話です。

瀧安寺のご住職にもお話をいただきました。

いつもお騒がせしております。

 

瀧安寺は、富くじ発祥の地なんですって! 皆さんご存知でしたか?

箕面市観光協会からのお知らせ。

プレゼンターは滝の道ゆずる君。

今回から、スタッフは「箕面の森の音楽会Tシャツ」をまとって。

ゆずる君が背中でギター弾いています。

天気に恵まれて、お客さんがいっぱい。

肩車の上からも拍手!

ちびっこ達も興味津々。

おっきくなったら、このステージで演奏してね。

おや、ゆずる君もウクレレ弾くの?

今度、出演してね。

『ツハ・コ・ケストラ』 リコーダーアンサンブル(ファミリーバンド)

父・母・子ども4人、総勢6人のリコーダーを中心としたアンサンブル。リコーダーの他、ビアボン(口琴)・ピアニカ・打楽器等を加えて演奏します。時にはペープサートを交えるなど老若男女誰もが楽しめる演奏会がモットー。地域の児童文化センター、子育てサロン、福祉施設などで0~90才以上の方達に楽しんで頂いています。台本作り、編曲は父が、司会はNHK杯全国高校放送コンテスト入選の長女が担当。ファミリーバンドの「和」(家族の絆、人の絆)を大切に活動中です!第2回全国ファミリー音楽コンクール準優勝。箕面市長表彰受賞。

 

『hatao & nami』 ケルト・北欧音楽

ヨーロッパのケルト文化圏やスカンジナビア半島から選りすぐった上質なメロディを、笛とハープで奏でるデュオ hatao & nami。

伝統音楽を想像力豊かにアレンジし、民族楽器の暖かなサウンドでお届けします。1stアルバム"Silver line"の先行販売も致します。

hatao…ティン・ホイッスル、アイリッシュ・フルート、北欧の笛ほか

nami …アイリッシュ・ハープ

『Sky (スカイ)』 ボーカルデュオ

姉妹デュオ Sky (スカイ )は 2004 年に 結成。

2007 年夏、エイベックスグループが開催する音楽野外フェス「a-nation2007 神戸出場オーディション」にてグランプリ獲得し、2008 年、関西のテレビ局が運営する音楽レーベルからインディーズデビューしました。

インディーズレベルから 4枚の CD を発売した後の を発売した後の 2010 年 4月、磁気健康ギア Colantotte ®(コラントッテ)のプロゴルファー石川遼選手のテレビCMソングでユニバーサルミュジックからメジャーデビュー。

デビューシングル「夢ひとつ -2010 Special-」はオリコンデイリーチャトで13位獲得。しかし、メジャ-デビュー直後に妹まどか脳腫瘍が発覚し。緊急手術のため音楽活動を一時休止。 復帰後、病院や老人ホーム、児童養護施設などでの ボランティアライブやチャリティーイベント等の活動も精力的に行っています。 「家族愛」「隣人愛」をテーマに、忙しく頑張りすぎる現代人の “心が休まる音楽を届けたい”という想いで活動しています。

箕面の森の音楽会のFaceBookページ